社員研修の内容は誰が決めるのですか?

社員研修のテーマを決める際のポイント

社員研修のテーマを考えるにあたり、人事担当の社員だけでなく、様々な職場の管理職に意見を聞くことで、実務に即した研修を行うことが可能です。特に、日々の仕事における問題点を研修の機会を通じて話し合ったり、有効な解決策を見つけたりするうえで、研修のテーマの選び方に工夫をする必要があります。また、社員研修の時間の長さや目的によって、外部から講師を招くことや、グループワークなどを取り入れることがおすすめです。社員研修の効果は、それぞれの社員の意欲に大きくかかわることがあります。時代の変化に応じて出来るだけ多くの社員が興味を持ちやすいテーマを採用することによって、社員を飽きさせないことが成功につながります。

社員研修に人気のある内容とは

社員研修を実施する理由は企業ごとに違いがありますが、特に従業員に目的意識を持たせたり、仕事へのモチベーションを高めたりするうえで、様々なジャンルの研修の題材を用いることが有効です。例えば、ビジネスマナーや企業法務、語学、パソコンなどの社員研修は、実際の業務に役立つことが多く、研修を進めるうちに様々な知識を身に着けられるというメリットがあります。また、社則や就業規則などの会社のルールに関する事柄は、新入社員を対象とした研修の際に取り入れることで、組織の一員としての自覚を持つことができます。その他、研修の成果を高めるにあたり、各部署の上司に研修後の仕事の取り組み方に関するアンケートを行うことが有効です。