社員研修の目的は何ですか?

社員研修は多種多様です

オーソドックスな社員研修は、電話、あるいは文章の礼儀作法などベーシックなことを勉強し、業界、あるいは企業の現在の状況などの把握に歩を進めます。大部分は座学で、場合によっては実習になります。将来企業の中でこなしていく業務、あるいは心構えを意識し、計画書などを作り上げて研修の終了となるケースが多いと言えます。教師は自分の会社の人間のみが担当することもあり得ますし、一切合切外部の教師が担当するケースもあります。礼儀作法、あるいは業界を学習するオーソドックスな社員研修のみならず、特異な研修もあります。これに関しては、メンタル面を鍛えることを目的とし、ハードな社会で生き抜くことを目指した忍耐力を会得します。さらに、一日のみならず宿泊を伴いながら軍隊のトレーニングのような暮らしを送る研修も見受けられます。

社員研修は社員本人の為に行われます

社員研修は、何を目的として為されるのかという質問があるとしたら、これについては、会社の社員のためという回答以外ありません。社員自身が、社会に必要とされるベーシックな能力を身につけ、将来企業で頭角を現していく為の投資といえます。オーソドックスな社員研修だけに限らず、軍隊の様な研修も、社員をメンタル的にタフに成長してほしいという希望が込められています。したがって、一切合切は自分自身の為なのだと自覚する必要性があります。 また、管理職の研修を受けることを通して、配下の者の育成、あるいは管理運営に取り組むうえで、どうしても必要な専門的な知識を会得することが出来、将来に向けたキャリアアップに結びつきます。