社員研修の講師は同じ会社の社員さんですか?

実話が聞ける魅力的研修になります。

社員研修で、講師が同じ会社の社員であることはよくあります。メリットは、会社の歴史や、個性的な風土、店舗・設備類の特長などの、現実、現場の情報が入手できるため、講師によりますが一般的には研修の直接的な成果につながることです。各分野の取引先の情報や営業の苦労、設備機械類が特注品である場合などの講話は、貴重な話になります。社員研修で一番重要な「会社理念」の説明・解説はトップを含めて社員が担当すべきカリキュラムであることは理解してください。社員が「井の中の蛙」にならないよう外部からの講師の招聘も望ましいことですが、研修は、好不況に関わらず継続することが一つの大事な方策です。社員が講師であるため、経費が節減でき、他にない講話が聴取でき、研修のフォローも十分でき、成果が上がる充実した研修教育となることは珍しくはありません。

社員講師との懇談の場の設定は重要です。

社員研修の講師が同じ会社の社員である場合は、いろいろのメリットが考えられますが、一つの成果につながるメリットは講師活用の場の拡大です。Face To Faceの懇談の場を設定できることです。もちろん宿泊研修のケースなどで外部講師が懇親パーティに無料で出席する場合もありますが、社員講師の場合、昼間に続いて、個人的なコンサル時間をを含めて比較的自由に内容のあるカリキュラムを作成することができます。更に受講者に事前に、受講したい内容などをhearingして研修効果を高めることもできます。社員研修の講師を社内で調達する場合は、研修企画側も講師選抜に注力することが重要で、講師の業務上の能力は勿論、人柄、講義能力などの情報を集めて決定することが望まれます。基本的には外部講師選定のケースと同じです。