参加してよかった!と思える社員研修の作り方。

上司と部下のコミュニケーションが取りやすい場を作る!

普段の職場では、自分の仕事に精いっぱいである上に持ち場内で出会う人としか話せないことも多いでしょう。
社員研修は、ほかの部署の人などとも会うことができる良い機会になりますし、上司と部下のコミュニケーションを図ることもできます。
部下は尊敬する上司を持つことで仕事への意欲も向上しますし、上司は部下と一緒にいる時間を増やすことで部下の性格や伸びしろ部分なども分かるはずです。
また同期同士でもいろいろ話して良きライバルが見つかるケースもあります。
社員研修では、職場の人間がコミュニケーションを取れるチャンスを大いに与えることが大切と言えるでしょう。
研修で自分にとってプラスになる人との出会いがあれば、参加して良かったと社員たちは思うのではないでしょうか。

現場で役に立つスキルが身に付く実践教育を!

職種や会社方針などによって社員研修の内容は実にさまざまですが、研修で学んだことが実際に仕事の現場で活かすことができてこそ、研修の価値があるとも言えるのではないでしょうか。
できることなら研修では、現場で実践できる教育をしたいものです。
事前に具体的に研修生の悩みや質問を聞いて、必要とされているスキルや知識を把握しておくことも大切です。研修では皆の疑問を取り上げて、それについての具体的な解決策やスキルを指導するようにしていきます。
現場でよく起こりがちな問題を取り上げるほか、どのようにすれば仕事が効率的にはかどるか、売り上げが上がるかなどの講義も役に立つでしょう。研修生にとっても興味深い内容であるはずです。